不妊カップルに光を! 卵子提供ドナーについて知ろう

卵子提供のエージェントの存在について知ろう

不妊に悩んでいる人のために、自分の卵子が生かせることが出来たらと、また、自分では現在子供を作ろうとは考えていないが、将来自分の子孫が育っていってくれたらと考える若い世代も日本には増えてきていると言われております。


掲載記事の参照元:卵子提供ドナー・エッグドナー・卵子バンクの募集・登録


卵子提供のしくみ

 

自分の卵子を生かしたいと考える女性も多くなってきておりますが、そのような女性向けに昨今では日本でも卵子提供のエージェントが設立されてきております。 ただし「卵子提供」といった内容自体ををよく知らないというような人も実際には多いかと思います。
そこでここでは、「卵子提供」をあまりご存知ない方のために簡単に説明しましょう。


まず子供が授からない不妊で悩む女性が受ける「卵子提供による不妊治療」といったもは、子宮には異常がないのですが、なんらかの原因にて、卵子がうまく機能しないような女性が受ける不妊治療方法です。
例えば、病気によって卵巣を摘出した人、早発閉経等で排卵が閉まってしまったような方が対象となってきます。


卵子提供の不妊治療は、具体的には、妊娠を希望する夫婦が、第三者の卵子ドナーより健康な卵子について提供をしてもらい、夫の精子に体外受精させまして、それを妻の子宮に移植して妊娠および出産させるといった方法になります。


卵子提供ドナー

 

そこで必須となるのは卵子提供ドナーです。不妊で悩む夫婦に対して、子供を授かるための重要な卵子を提供する人を卵子提供ドナーといいます。卵子提供ドナーには卵子採取したものに対して精子と体外受精させるといった不妊治療への協力をしてもらいます。


不妊に悩む夫婦と卵子提供ドナーとの橋渡しをするのが卵子提供エージェント

 

不妊に悩む夫婦でも、特に女性側の卵子の排卵がされないといったカップルに対して、卵子を提供してくれるドナーを探して、その橋渡しをしてくれる機関が卵子提供エージェントです。
卵子提供エージェントは日本でも、不妊治療の普及からその数は増えております。
しかしながら、卵子提供にての妊娠は日本ではまだ法的に整備されておらず、卵子提供エージェントについても、認可制度が確立されていないような状況で誕生してきているのが現状となっております。
だたし卵子提供エージェントは、人の命を授かる手助けに当たりまして、人を作る核となる卵子の提供に携わってきますので、その役割は非常に重大です。そうなりますと、きちんとした機関でないと門をたたくことが出来ないと考えるのが普通でしょう。


そのような数あるエージェントの中で、信頼できる卵子提供エージェントの一つには「STORK」があります。


最初の一歩とましては、インターネットのサイトからこのエージェントについて探ってみることからしか分かりませんが、こちらのサイトを見る限りにおいて、卵子提供についてきちんとした説明となっておりますので、卵子提供ドナーを希望する人も安心できると思います。


Pick-Up Topics

不妊治療にはどの位費用が掛かるでしょう?そしてその助成制度は?

 

日本における不妊治療において必要となる費用は、不妊治療の内容にもよりますが、100万円以上掛かってくる場合も少なくありません。治療期間としましては2年から5年位が最も多く、治療段階によっても費用は異なってまいります。ただし、これだけの費用が掛かりましても、確実に妊娠や出産が出来るといった保証はありません。そして、治療を途中で諦める夫婦も少なくありません。


「不妊治療にはどの位費用が掛かるでしょう?そしてその助成制度は?」の続きはこちら


不妊治療を実践している人によると

 

不妊治療も掛かる医療機関や先生によって、所感も様々です。不妊治療の場合は、最終的には妊娠できるか出来ないかといった二者択一になりますので、自分が掛かる医療機関を探す場合には、不妊治療の成功率や妊娠率は一番気になるところです。
また不妊治療に掛ける期間も、人それぞれとは言いましても、出来るだけ短い期間でと考えるのは皆さん一緒です。医療機関を訪ねるにあたっても、まずは口コミ等を参考にする人が圧倒的です。


ここではどんな口コミがあるのか、実際のサイト等を参考にしながら提示してみましょう。


「不妊治療を実践している人によると」の続きはこちら


高齢不妊の現状は?

 

実際に「高齢出産」といったら、35歳を過ぎての初産、若しくは、40歳以降での2度目以降の出産を指しております。
女性の社会進出によって、結婚より仕事を選択していく女性は増加しております。それにともなって初婚年齢が上がっている事や、結婚後においても仕事を続けていく女性が増加しております。


現在、最も多い出産年齢は25歳~30歳ですが、正確には、35歳以上の初産を高齢初産として、35歳を境に医学的に妊娠中、分娩中のトラブルの発生率が高いとして34歳以下の出産と区別します。


「高齢不妊の現状は?」の続きはこちら