不妊カップルに光を! 卵子提供ドナーについて知ろう

不妊鍼灸で不妊治療を進めて行きましょう

鍼灸が不妊に効果があることは、果たして聞いたことがありますか?
鍼灸は鍼とお灸での治療法で、不妊のみならず腰痛や肩こり等の全身疲労においても幅広く取り入れているものです。


鍼灸に興味があっても、実際どんな効果があるか不安な人のために、鍼灸治療がどんな治療法であるのかお伝えしていきましょう。


鍼灸治療による治療法

 

鍼灸は、東洋医学・漢方医学の一部としまして、日本で古くより行われている伝統的医療です。文字通り、鍼とお灸を使って悪い部分について治す事が鍼灸治療とされております。
鍼灸治療は国家資格を有している鍼灸師が行って、患者の体に鍼を刺す行為は鍼灸師に限られております。そして鍼治療は、とても細い鍼といったものを体に無数にあるツボの経穴に刺し、体に一定の刺激を与えて、自律神経の調整や血流の促進等の効果をもたらすのです。


一方、お灸は、体の悪い部分及びツボに対して熱刺激を加えて、血流促進及び鎮痛効果をもたらすものです。お灸には大きく分けまして「有痕灸」と「無痕灸」の2種類が存在します。
「有痕灸」はもぐさというヨモギの一種を直接皮膚の上に乗せまして燃焼させて、体の芯に対して熱を届けるお灸です。
「無痕灸」はもぐさの下へ台座を置きまして、間接的に熱を加える事によってぽかぽかと温かい刺激を感じる形のお灸です。
現在では皮膚への負担が少ない「無痕灸」の方が広く使用れております。


鍼灸治療による不妊への効果は?

 

鍼灸は昔から、「肩こり」や「腰痛」、「冷え性」及び「生理痛」など女性の悩みに対しまして効果があるされてきております。
鍼灸の大きな目的となりますと、個々に本来備わる自然治癒力を高めるということです。
薬物を使わないで、鍼灸でご自身にある自然の力を高めまして、体質改善をはかっていきます。そして自然の力を高めていくという事は、最終的に妊娠しやすい体作りにつながるとしております。


実際に、鍼灸を行う事で妊娠率が向上したという研究結果があるため、鍼灸は不妊症に効果的であると考えられております。


妊娠率が向上する理由としては、鍼灸治療により血行が良くなって、子宮や卵巣内の血液循環が改善し、子宮内膜や卵子の質が良好になるといった流れができて、最終的に不妊症の改善につながるという考えにのっとっております。


お灸であれば自宅でも可能です

 

自身で自分にお灸を行うといった場合は、鍼灸師免許は必要はありません。
ただし、必ず不妊治療に詳しい鍼灸師に予め相談した上で、適切なツボとお灸の仕方を習うようにしましょう。


不妊症に効果があるとされている代表的なツボは、関元(かんげん)や三陰交(さんいんこう)、腎兪(じんゆ)及び血海(けっかい)などと言われております。
特に三陰交は妊娠・出産を通して、非常に良く使われるツボです。三陰交は足くるぶしから指4本分上の骨の後ろ側にあるツボを指しますから、一つ覚えておきましょう。