不妊カップルに光を! 卵子提供ドナーについて知ろう

高齢不妊の現状は?

実際に「高齢出産」といったら、35歳を過ぎての初産、若しくは、40歳以降での2度目以降の出産を指しております。
女性の社会進出によって、結婚より仕事を選択していく女性は増加しております。それにともなって初婚年齢が上がっている事や、結婚後においても仕事を続けていく女性が増加しております。


現在、最も多い出産年齢は25歳~30歳ですが、正確には、35歳以上の初産を高齢初産として、35歳を境に医学的に妊娠中、分娩中のトラブルの発生率が高いとして34歳以下の出産と区別します。


高齢不妊の場合の選択肢

 

高齢出産では不妊治療とセットで考えることが圧倒的に多くなります。いわゆる「高齢不妊」という現象です。


不妊治療における体外受精や顕微授精の大部分は、35歳以上の高齢不妊の方が対象となっております。
理由としましては、高齢出産と呼ばれる年齢における妊娠時に多い要素では、年齢からくる卵巣機能の低下で、卵巣ホルモンの分泌バランスが崩れて、妊娠しにくくなっていること、子宮内に着床しにくくなり切迫流産や切迫早産になりやすいこと、妊娠中毒症を起こしやすいことから、そのリスクを軽減させての妊娠が体外受精や顕微授精となるからです。


ただし高齢出産の場合には、出産時の問題もでてきます。お産のときの微弱陣痛や子宮頚管が年齢により固くなっていることから、子宮口の開きや膣、会陰といった部分の伸びが悪くなり、吸引や鉗子分娩、帝王切開の可能性も大きいですし、分娩時間がかかって母体に負担もかかりやすくなります。
そのような負担を母体が享受できないといった場合には「代理出産」という選択肢もあります。ただし、日本においては「代理出産」は原則として実施されておりません。いわゆる代理母出産そのものを規制している法制度については現在未整備となっております。