不妊カップルに光を! 卵子提供ドナーについて知ろう

着床前診断とは

妊活中の人でしたら、一度は耳にしたことがある言葉として「着床前診断」があります。この「着床前診断」を行うことで、妊娠の前に何がわかるのでしょうか?
また受けられる条件及び費用はどの?今回は、妊活中の方が気になる着床前診断について簡単にご紹介します。


掲載記事の参照元:卵子提供 - 海外クリニックの実施状況(サンディエゴ)


着床前診断とは?

 

着床前診断とは、着床前の受精卵の段階において、染色体や遺伝子で異常が発生していないか検査をすることを指します。着床前診断においては、特定の遺伝子異常の有無について診断する「着床前遺伝子診断 (略称:PGD)」と、染色体の数的異常及び性別の検査を行う「着床前遺伝子スクリーニング (略称:PGS)」の2つがあります。流産予防や男女の産み分けのために行っている国もあります。


着床前診断で判明する主な点は次の1~3のようなことが挙げられます。


1.遺伝性疾患や染色体異常からの症候群を回避すること。
2.体外受精によっての妊娠率の向上と、体外受精後の流産率を減少させる流産予防等の不妊治療。
3.男女の産み分けをすること。


着床前診断の検査内容

 

着床前診断は、体外受精が前提となっております。排卵誘発剤にて複数の卵胞を育てまして、十分な大きさに育った後に取り出して、卵子と精子を培養液の中で受精をさせます。育った受精卵の一部について染色体や遺伝子検査して子宮に戻します。この手順については、一般の体外受精と同じで、着床前診断の安全性は、体外受精と同程度といわれております。


着床前診断の方法

 

着床前診断には2つの検査方法「FISH法」と「PCR法」があります。FISH法は染色体を特殊な染料にて染色しまして染色体の数及び異常の有無について調べる検査です。一方PCR法については遺伝子を何百万倍に増やしまして、遺伝子の配列を調べるといった検査です。病院のほとんどは 「FISH法」を行っているとされております。


男女産み分けも判明しますが

 

着床前診断では、全ての染色体の異常の有無を調べますので、検査の過程において性染色体に関しても判定し、男女の産み分けが可能となっております。だだしそれは裏を返せば、命の選択ともなりかねず、男女の産み分けについては日本では日本産科婦人科学会が禁止をしております。
産み分けを希望する場合、規制のないアメリカ及びタイ等へ海外渡航して行う人もおります。


不妊治療としての着床前診断

 

日本の場合、着床前診断においては、適応条件に該当していることが必要である他、高費用も高額で、着床前診断ができる病院の有無等、実際行うのは簡単にはいきません。ただし妊娠を望む夫婦の不妊治療としては、可能性を高める方法の一つでもあるので、希望する場合には、着床前診断を実施している病院に問い合わせをしてみましょう。