不妊カップルに光を! 卵子提供ドナーについて知ろう

不妊治療におすすめの漢方薬もあります

自然治癒力を高めてくれて、体質改善で病気を治すといった考え方に基づいている漢方は、副作用が少なく、体に優しい薬です。ただし、漢方薬には難しい名前の薬が多くて、どのような効果があるのかわかりづらいこともよく聞かれます。そこで、ここでは特に不妊治療の人にお勧めできる、不妊に効く「漢方薬」についてご紹介しましょう。


手足の冷えや体の疲れ、胃腸の不調等といった病気に向かいつつあるような状態を漢方では「未病」といっております。漢方薬は少しずつ体質改善をしてくれるので、特に未病に対しては有効だと言われております。一方で手術可能な病気及び細菌感染は、不調を起こしている局部を瞬時に治してくれる西洋医学の方が合っていると考えられております。
漢方と西洋医学には得意及び不得意とする分野があるため、自分に適した治療法について医師や薬剤師に相談して決めることをお勧めします。


不妊治療に効果的な漢方薬

 

1.婦宝当帰膠(フホウトウキコウ)


更年期障害による頭痛、肩こり、貧血、腰痛、腹痛、めまい、のぼせ、耳鳴り、生理不順、生理痛、冷え症などの改善に効果的であるとされており、血液を増す当帰の含有量が非常に多いことで有名な漢方薬です。
飲むだけで体温が理想的なグラフを描くようになり、不妊治療に前向きに取り組むことが可能となります。基礎体温が理想的になると体が妊娠しやすい状態に変化しているといえます。


2.当帰芍薬散(トウキシャクヤクサン)


一般的に女性に飲まれることが多くて、色白で冷え症及びやせ型で体力のない人に向いている漢方薬です。具体的には、体の疲れ、冷え性、貧血症状、生理不順、生理痛、生理前後の不快症状、不妊症、むくみ、頭痛、めまい、肩こり、更年期障害などに対応してくれます。
これを飲むと、調子が良いような気がするとの口コミをよく耳にします。不妊症に良いと記載されている本もあるらしく、これで妊娠したという話も聞きます。


3.温経湯(ウンケイトウ)


どちらかというと女性向けで、冷え性で体力がなくて、皮膚や唇についてかさついてしまう人に向くものです。具体的には、生理不順や生理痛、更年期障害、頭痛、足腰の冷えや痛み、冷えのぼせ、しもやけ、指掌角皮症などに対応してくれます。不妊治療にも補助的に用いられることもあります。


4.八味丸(はちみがん)


不妊症の対処法として、漢方としては、腎に力をつけ体は強くするこれらの漢方が有名です。舌の潤いがなく、色が紅色で、寝汗をよくかくといった人はこのお薬を試してみる価値があるでしょう。


5.八味地黄丸(ハチミジオウガン)


体の弱った機能について補って元気をつけてくれます。足腰や泌尿生殖器等の下半身の衰えには最適となります。
一般的には高齢の人に用いることが多くて、体力が低下して、顔色も優れずに、冷えをともなうような時に向いております。
不妊治療目的としては、卵巣のアンチエイジングつまり卵巣の若返りを目的としての摂取となります。体が若返ると自然に妊娠しやすくなりますから、漢方薬ですが、即効性があり、今まで、妊娠できなかった方々が、のんだら皆妊娠したという報告もきいております。


6.杞菊地黄丸(コギクジオウガン)


杞菊地黄丸とは、「六味地黄丸(ロクミジオウガン)」に菊花(キクカ)と枸杞子(クコシ)を加えている処方で、体力中等度以下において、疲れやすくて胃腸障害がなくて、尿量減少又は多尿となっており、手足のほてり、口渇がある人、かすみ目、つかれ目、のぼせ、頭重、めまい、排尿困難、頻尿、むくみ、視力低下等に効果があるといわれております。
不妊治療の周期療法で、低温期に杞菊地黄丸を用いることが多いといわれております。杞菊地黄丸は、漢方では保腎薬でも陰を補うため補陰薬とも呼ばれております。


7.紫河車(シカシャ)


紫河車は甘鹸・温で、補気・養血・益精・助陽に働いてくれる補益の薬物です。気血不足・精液虚乏などあらゆる虚損労傷に単用もしくは複方配用してよいといわれております。助陽の薬力は緩和ですが、温性であって燥ではないため、久服補益の薬物ともみなすことができるとされております。
女性の妊娠に必要な栄養を全て含んでおり、不妊症や無月経等の対策に、ほかの漢方薬と合わせて用いますと結果が速いと言われております。


8.桃核承気湯(トウカクジョウキトウ)


血液循環をよくするだけではなく、便通をよくしたり、不安やイライラをしずめて気分を落ち着つかせてくれるい漢方薬です。また、ホルモンバランスを整えるといった効果も期待できます。体力のあるガッチリタイプか肥満体質の人で、顔色がのぼせやすく、また下腹部が張って便秘がちの人に適応する漢方薬です。


9.田七人参(デンシチニンジン)


免疫力の増加、疲労回復、精力増強等の様々な効果があり、中でも血液中の酸素の代謝を促進して、血液の滞りを治すといった力がかなりの注目を浴びております。
血液の流れを改善することで不妊を改善するほか、妊娠できないで、月経がきても異常内膜より出血や癒着する症状を抑えて、内膜症による痛みについて和らげてくれる働きがあります。


10.加味逍遥散(カミショウヨウサン)


疲れやすく、肩こり、イライラ等のあるような体質虚弱な女性の更年期障害や月経困難、月経不順、冷え症、不眠症等に用いられる漢方薬です。
メンタルと生理周期を安定させる効果があるため、月経前のイライラが多いといった人には効果的な漢方薬となります。


11.桂枝茯苓丸(ケイシブクリョウガン)


生理不順や生理痛、頭痛、めまい、肩こり、のぼせ、足の冷え等に適応してくれる漢方薬です。また、このような諸症状の更年期障害にも適応してくれます。そのほか、子宮内膜症や筋腫、ニキビ、シミ、しもやけ、痔、打ち身、肝臓病等にも用いられております。
血液の流れを良くする効果が婦人病のほとんどに対応していると言われております。


12.補中益気湯(ホチュウエッキトウ)


滋養強壮作用のある人参と黄耆、水分循環をよくする蒼朮、炎症をひく柴胡、血行をよくして貧血症状を改善する当帰、のどの痛みや痔を治す升麻、胃腸の働きをよくする陳皮や生姜などがその成分です。これらが全ていっしょに働き、よりよい効果を発揮してくれます。
体力の低下によって不妊となっている場合には適応力があります。
また不妊治療に関しては男性に用いられるといったことが多い漢方薬です。「補中益気湯」は、性ステロイド代謝系へ強く作用しますので、精子の数や運動率について改善するような効果があるとされております。


13.帰調血飲第一加減 (キュウキチョウケツインダイイチカゲン)


産後の衰弱、血の道症、月経不順、骨盤内鬱血症候群、貧血症、痔疾患、体力低下、自律神経失調症、乳汁分泌不足に対応してくれる漢方薬です。
気血水の流れを改善しまして、婦人科疾患に幅広く使えるような漢方薬といわれており、。流れの改善が妊娠に繋がりますということです。


14.六味丸(ロクミガン)


体の弱った機能をおぎなって元気をつけてくれます。足腰や泌尿生殖器など下半身の衰えには最適となる漢方薬です。体に火照りがある場合にも適応してくれます。


他にもありますが、代表的な14種類の不妊治療に効果的な漢方薬を列挙してみました。どれが自分に合うかは、慎重に吟味しましょう。