不妊カップルに光を! 卵子提供ドナーについて知ろう

男女の産み分けは卵子提供でできるのでしょうか?

赤ちゃんの性別を産み分けられたらと思う夫婦は少なくないと思います。実はその男女の産み分けをするための秘訣があるってご存じでしたか?
もちろん100%確実といった訳ではありませんが、ポイントをいくつか抑えるますと7から8割の割合にて性別を選んで赤ちゃんを授かることが可能といわれております。
普通の産み分けプログラムとしては、例えば中国式等いくつかございますが、今回は性別の決まり方と合わせまして、男女の産み分けるの基本的な方法についてまとめてみたいと思います。


普通出産の産み分けプログラム・・・ポイントは排卵日と精子の量

 

赤ちゃんの性別については、卵子に受精される精子の種類によって決まっていきます。精子にはX染色体もしくはY染色体といった細胞が備わっておりまして、卵子にはX染色体のみが備わっております。X染色体において精子が卵子と結合しますと、XX染色体になって、そうなると女の子が生まれます。一方Y染色体を持つ精子が卵子と結合しますと、XY染色体となって、その性は男の子となるのです。


X染色体で女の子となる X精子の特徴を挙げると次の通りです。


・酸性に強くて、逆にアルカリ性に弱い
・寿命は2から3日と長い
・Y染色体より数がは少ない
・動きが遅い


一方、Y染色体で男の子になるY精子の特徴は次の通りの特徴があります。


・アルカリ性に強くて、逆に酸性に弱い
・寿命が1日
・数がX染色体の約2倍となっている
・動きが早い


女性の膣内と子宮内は状態が異なります。膣内は酸性なのですが、子宮内は逆にアルカリ性です。ただし、排卵日が近づきますと膣内もアルカリ性にといった変化があります。また性交渉で女性がオーガズムに達する形が多くなるとアルカリ性の粘液が分泌され、膣内はアルカリ性に変化します。


この特性が産み分けに影響します。つまり、膣内が酸性ですと酸性に弱いY精子は生き残るのは難しくて逆にX精子が生き残りやすいため、女の子が産まれやすく、膣内がアルカリ性であれば男の子が産まれやすいということになるのです。


そうなると産み分けで一番重要なポイントとしては性交渉をいつするかといったことになります。排卵日に精子と結合し受精卵になり、子宮内膜に着床しますと妊娠が成立するのですが、その際に膣内が酸性かアルカリ性かであることと、卵子と結合するまでにずっと生き残ることができるかといったの2点を考えて、卵子にたどり着く精子をX精子かY精子であるかをある程度コントロール可能となります。


1.女の子を産みたい場合には


女の子の元になるX精子でしたら、酸性に強くアルカリ性に弱いため、膣内の酸性が強くってくる排卵日2から3日前に夫婦生活を行いましょう。X精子は寿命が長いため2から3日前でも生き残れます。そして女性の膣内が酸性の時に精子を送れるように、素早く短い時間で性行為を終えるといったことも大切です。


2.男の子を産みたい場合には


男の子の場合、寿命が短くて酸性に弱いY精子を生き残りやすくするよう、アルカリ性に膣内がなりやすい排卵日当日に夫婦生活を送るといったことが良いとされております。女性がオーガズムに達する状態が多く長く続けば膣内がよりアルカリ性になりやすいので、その点も夫婦で協力しましょう。
男性が精子の量を調整することも大切です。男の子希望の場合は排卵予定日3~5日前から禁欲し、精子の量を増加させましょう。精子の量が増加すると、Y精子が卵子まで到着して受精する可能性が高くなってくるとのことです。


これが卵子提供の場合になると?

 

医学的に解説しますと「着床前診断プログラム」と「男女産み分けプログラム」があります。
着床前診断(英語名ではPGDといいまして、Preimplantation Genetic Diagnosisの略称となります)とは、受精卵において8細胞から胚盤胞前後に発生が進行した段階にて、その遺伝子及び染色体を解析しまして、将来可能性のある遺伝疾患及び流産について診断するといった生殖医療技術になります。遺伝子解析で遺伝子が特定される遺伝病及び染色体異常等を発見することが可能で受精卵診断とも呼ばれております。


着床前診断を行った場合には染色体を全部調べられます。ここでそれぞれの受精卵について男女の性別も判別できます。この際男女見分けを希望するような場合には、希望する性別を持っている受精卵のみを子宮に移植するようにします。


現在の日本では、着床前診断については、重い遺伝病の患者等に限定しております。更に申請から許可が下りるには6ヶ月から1年も時間を要します。もちろん、男女産み分目的の着床前診断は認められておりません。
一方アメリカ・カリフォルニア州においては、男女産み分けも含め着床前診断は自由です。