不妊カップルに光を! 卵子提供ドナーについて知ろう

体外受精の治療法とは

体外受精の治療の流れはどのようになっているのでしょうか?ここではその流れと治療法について簡単に説明していきましょう。


掲載記事の参照元:卵子提供 - 海外クリニックの実施状況(ハワイ)


体外受精の治療の流れ

 

体外受精の主な流れは、これから説明している1から5の順番が大まかなものとなります。


1. 排卵誘発をします
薬剤を活用して、卵胞を育てます。


2. 卵子、精子の採集をします。
・女性側は超音波で確認しながら卵胞より卵子を取り出します。
・男性側は 採卵の当日にご自宅かクリニックの採精室で精子を採集します。


3. 受精させそれを培養・分割させるようにします
培養容器内で卵子と精子について受精させ、培養します。顕微受精の場合でしたら、ここで受精を人の手を介し行われます。


4. 胚移植をします
受精卵の胚を子宮内に戻し、余った胚については凍結保存することもあります。


5. 妊娠判定をします
約1カ月後に検査にて妊娠判定を行います。


5において、妊娠をしていなければ、再び月経周期に合わせ凍結保存した受精卵の胚をを移植します。胚の移植数は原則は1個で、多くても2個までとなっております。


排卵誘発法

 

体外受精の際の、1の排卵誘発にあたって、その目的には、卵子を育てて、妊娠可能で良好な卵子を作るサポートをすることになります。
この排卵誘発の方法として、現在日本では大きく分けて2つの排卵誘発法の流れがあります。


1.複数卵子排卵誘発法
排卵誘発法により卵子を6~10個育てまして、それを採卵・凍結保存することで、1回の採卵にて何回も胚移植を出来る程の卵子をストックしまして、子供を作る方法です。これは大部分の不妊専門クリニックにて行われている方法です。


2.単一卵子排卵誘発法
クロミッドとピルを組み合わせ、排卵誘発する方法になります。卵子を1個育てて、それを毎月体外受精させていくやり方です。加藤レディースクリニック系列クリニックが中心となって実施している方法になります。


どちらの治療法も長所と短所がありますので、あとはご自身の体の状況、重視すべき点で選択方法が変わってくることになります。